活躍の場が増えている歯科衛生士!歯科衛生士の基本について解説します!

現代は就職することがどの世代でも難しい時代になってます。
そこで専門職に従事し、働いていきたいと考える人も多くなってるんです。
中でも歯科衛生士は非常に人気がある職業であり、国家資格なので仕事に就きやすいとされてます。
当サイトではこの職業の基本情報を解説していきます。
またこの職業が活躍でき居るフィールドなどについても説明していきます。
この職業に就くことを考えている方に少しでもお役に立てることを願ってます。

活躍の場が増えている歯科衛生士!歯科衛生士の基本について解説します!

歯科衛生士とは国家資格であり、専門職の一種です。
大学や短大、専門学校など養成学校を2年以上履修し、国家試験に合格することでこの資格を取得できるのです。
歯科衛生士の仕事内容は主に、予防対処に保健指導、医療補助の三つになるんです。
看護師とは違い、基本的に夜勤もなくプライベートや子育てに介護と両立しながら働くことができるとされてます。
求人倍率も非常によく、復職もしやすい職業として人気です。
キャリアアップも認定歯科衛生士になったり、訪問医療や摂食嚥下リハビリテーションの分野などで幅広く活躍できます。

歯科衛生士の魅力は就職先が多いこと

歯科衛生士は就職先の多さが魅力に当たります。
代表的な場所は、虫歯や歯周病などを治療する一般的な歯科クリニックです。
都会であれば複数のクリニックが乱立しているでしょう。
歯科クリニックは、一般歯科だけでなく小児歯科や矯正歯科、予防歯科、口腔外科などさまざまな種類がありますが、比較的小規模なところが多いのが特徴です。
歯科を併設している病院や総合病院も、歯科衛生士の就職先として挙げられます。
ただ、歯科クリニックに比べると数が少ないので、狭き門になる可能性があるでしょう。
市区町村が運営している保健センターで働く歯科衛生士もいます。
ここでは歯科治療のサポートを行うというよりは、歯磨き指導などの歯科保健指導や歯科検診の補助を行います。
意外な場所として、介護施設や歯科関連企業で働く歯科衛生士もいるということです。
口腔ケアのニーズの高まりと共に、介護施設で高齢者に対してそういうケアを行っています。
歯科牽連企業は歯科に関する商品開発を行います。

歯科衛生士で大変なことは患者との信頼関係

たくさんの患者が様々な口内トラブルを改善するため、通院しているのが歯科でたくさんの歯科衛生士が在籍しています。
大変なことは患者で性格や考え方が違っているので、信頼関係を構築するのが難しいという部分です。
治療を望んでいる人に同じようなコミュニケーションを取るだけでは、残念ながら関係を強固にすることが難しいです。
状況に合わせた処置やコミュニケーションをすることで、信頼できる歯科衛生士としてアピールできるようになります。
まずはどんな性格や考え方を持っているのか理解し、少しでも口内トラブルを解消できるように最善を尽くすことが重要です。
その他にもコミュニケーションを積極的に取っていき、口内トラブル以外の話も実施していくことが大切になってきます。
面倒かもしれませんがこのように会話を行っていけば、少しずつ関係を強めることが可能です。
優秀な歯科衛生士ほどたくさんの人と会話をしており、どんな人物なのかアピールしています。

歯科衛生士の専門学校はどうやって選べばいいの?

全国にたくさんある歯科衛生士の専門学校、いったいどのように選べばいいのでしょうか。
まずは就職率から選ぶという方法です。
卒業生がどのくらいの割合で実際に歯科衛生士として活躍できているのか、またどういった就職先に内定しているかなどを参考にしつつ、併せて面接対策をしてもらえるか、エントリーシートの書き方を教えてもらえたり添削してもらえたりするかどうかなど、就職サポートの内容もチェックしておきましょう。
カリキュラムの内容から選ぶという方法も一つです。
資格対策に特化した無駄のないものなのかどうか、または就職後に役立ちそうな幅広い知識を得られる内容になっているのかどうかなどを比較してみて、自分の目標に合ったものであるかどうか調べてみましょう。
歯科衛生士のカリキュラムでは実習も大切なので、設備の充実度で選んでみるものいいでしょう。
昼間働きたい場合には夜学があるかどうかもポイントです。
入学後の学校生活をよりリアルにイメージし易くするために、オープンキャンパスを開催している場合はぜひ参加してみましょう。
その場合、通学時間やアクセスの良さも確認しておくといいですね。
歯科衛生士の専門学校の選び方、いくつか挙げてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

歯科衛生士の平均的な給料はどれくらい?

歯科衛生士の平均的な給料は25万円程度の場合が多いようです。
しかしこれは一般歯科での金額であり、大手や医療法人が経営するクリニックや歯科関連企業では金額が高くなる傾向があります。
また地域別では関東圏が他の地方に比べて高く、東京だと30万円程度といわれています。
さらにほとんどの歯科衛生士は小規模の診療所に勤務していますが、規模の大きい病院で働いている歯科衛生士のほうが給料は高めです。
全国にはたくさんの歯科医院やクリニックがあり、歯科医師などのスタッフが複数人いる大規模なところもあれば、医師と歯科衛生士が1人ずつしかいないような小さな歯科医院も存在します。
単に規模が大きければ待遇がよいわけではなく、自費診療などで利益が多く出ている歯科医院では給与を多めに設定しており手厚い待遇をしているところもあります。
もらえる給与はここ10年さほど大きな変化はないようですが、キャリアと能力に応じて昇給の見込みがあるので長く勤務するほどその分昇給も望めます。

歯科衛生士の国家試験の合格率はどれくらい?

歯科衛生士になるためには、厚生労働大臣指定の養成機関(専門学校・短大・大学)を卒業した上で国家試験に合格する必要があります。
歯科衛生士の国家資格は、毎年3月初旬の日曜日に行われますが、その合格率は95%前後と高い水準となっています。
年度別の合格率を見てみると、令和3年が93.3%、令和2年が94.3%、平成31年が96.2%、平成30年が96.1%、平成29年が93.3%でした。
受験者数は2016年以降は7,000人以上となっており、毎年6,000~7,000人が合格していますが、歯科衛生士の国家資格は決して難易度が低いわけではありません。
受験した方のほとんどが合格しているのは、養成機関で必要な知識やスキルを習得した上で、十分に試験対策を行っているからです。
仮に不合格となってしまっても、受験資格を持っていれば毎年チャレンジできますが、養成機関に在学中にしっかりと勉強するとともに、試験対策を入念に行っておくことが大切です。

歯科衛生士は何歳からなれる?

歯科衛生士は、クリニックなどにおいて歯科医師のアシスタント的な業務に従事したり、小さな子供などに対して歯磨きの方法を指導したりする職種です。
国家資格を保有する人しか従事できないため安定性が高く、求人数も多いことから人気の高い仕事となっています。
歯科衛生士の国家試験を受けるのに年齢制限は設けられておらず、基本的には何歳であっても挑戦することができます。
ただ、受験資格を得るには一定の学歴が必要なので、その要件を満たしてからということになります。
国家試験の受験資格は、高校卒業後に養成施設において必要な単位を修め、卒業した者に与えられます。
養成施設は国の指定を受けた大学や短大、専門学校などですが、修業年限は以前は2年以上でしたが、平成22年4月以降は3年以上となっています。
つまり最も若くして歯科衛生士になるとしたら、高校卒業後に3年制の短大や専門学校を卒業し、ただちに国家試験に合格したうえで就職するというコースをたどるため、21歳が年齢の下限となります。

歯科衛生士の休日はどうなっている?

歯科医院は少なくとも週に1日程度の休診日があるほか、シフト制を採用している場合にはもう1日休日が設定され、週休2日制となっているケースも増えています。
ライフスタイルの多様化から患者さんに合わせて夜間診療や土日祝診療をするクリニックも増えていますが、その場合も交代する人員が用意されしっかりと休めます。
その他にもゴールデンウィークやシルバーウィーク、夏休みや冬休みなどまとまった休みが取れる場合もあります。
日曜日が休診の場合は土曜日は午前中で診療が終わるのが大半で、午後から出発して日曜の夜には帰宅する小旅行を楽しむ歯科衛生士の方も多いです。
身体を休めて英気を養うほか、新たな治療法が採用されることがあれば勉強する時間にも充てられます。
働き方改革が叫ばれている中でワークライフバランスを重視するのはもちろんのこと、歯科衛生士自身が健康でなければ患者さんの健康を守れる訳が無いという考え方から休日を与える傾向にあり、プライベートが充実すれば良い仕事ができます。

歯科衛生士の一日のスケジュールを見てみよう

歯科衛生士になったらどういったスケジュールになるのか、パターンを説明していきます。
歯科衛生士は歯科医院や病院・保健所・老犬施設などで活躍していきます。
仮に医院で務めた場合のスケジュールは以下の通りです。
出社して掃除をして、院内を清潔に保つようにしていきます。
その後カルテを見ながら予約の患者さんの内容を確認し、皆でミーティングをしていきます。
診療が始まると、患者さんを笑顔で迎えて歯石の除去や歯ブラシ指導、フッ素を塗ったりしたりといった仕事をしていくイメージです。
昼は休憩をとって、診療を再度再開していきます。
午後は子供なども増えてくるので、患者さんをリラックスさせることを忘れないようにしたいものです。
そして時間が終わると勉強や反省会をする場合もあります。
フルタイムで働くとこのような感じですが、パートタイムで入る人もいるので、働き方は千差万別です。
心配な人は、歯科医院のホームページを見てあらかじめ知っておくと良いでしょう。

歯科衛生士の今後の可能性について

歯科衛生士とは国家資格を持った口腔ケアのスペシャリストです。
歯科クリニックで歯科医師と共に治療を行う業務がほとんどでしたが、近年は様々なところで活躍の場や仕事の可能性が広がり、歯科衛生士を一生の仕事としてライフワークにする人が増えてきています。
「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」というのが調査研究で明らかになっており、健康で生き生きとした生活を送るには「自分の歯でおいしく食べる」「楽しく会話する」などが基本となると発表されました。
そのために歯科衛生士の専門的な知識や技術や指導が必要となり、保健所・市町村保健センター・介護老人施設・企業など様々なところで需要が高まっているのです。
そのような事もあり求人数も年々増加しており、国家資格があるので結婚や出産で一時離職していても再就職に有利で、経験を重ねキャリアアップすることで活躍分野がどんどん広がっています。
歯の大切さや健康を意識する人が増え、ますます歯科衛生士の活躍が期待されています。

歯の治療のスペシャリストである歯科衛生士のスキルは多岐にわたります

歯科医師のサポート役として適任な役割ができるのが歯科衛生士で、専門的な知識はもちろんスキルも高くないとできない仕事です。男女別でいえば女性に多い仕事ですが、実際には男性もいる職場環境といえます。
実際にはどのような内容をするのかというと、口腔内のプロの技を身につけることができます。
歯科衛生士の仕事では仮歯の作成をすることができ、歯科医院の補助的な役割をこなしながら、任せられることも多いです。
仮歯を用意することで治療している歯の代わりになっていることから、重要な仕事の一つといえます。
その他にも歯型を取る作業があり、こちらも多くの歯科医院では歯科衛生士が担当をしていることでも知られています。
歯型を取って患者さんに新しい歯の提案をしていくので、技術力がなくてはピッタリはまる歯が出来上がりません。
このようなスキルを手に入れるには経験が必要となり、専門学校でも習うことができますが、やはり何度もチャレンジする熟練のテクニックは必要です。

歯科衛生士の残業の統計と事情を考慮した働き方

歯科医師のサポート役で活躍することができる歯科衛生士の仕事は、勤めているクリニックによって残業には違いがあります。
特に働く環境では多くの患者さんを扱っていますし、また営業時間も左右するので働きたい人は、前もって確認をすることです。
まず歯科衛生士の統計として、残業時間が1カ月あたりに6時間あることが厚生労働省にも報告がされています。
あくまでも平均した報告時間となっているので、その地域性や場所で通院している患者さんの人数に変動があることは考慮した方が良いです。
月に20時間やっている人であれば、給与に反映される金額では平均して約2万円くらいになり、働いている人でも好んで残っているケースも少なくありません。
こういった働き方には勤務する時間が長期になっていくために、まずは自分に合っている環境なのかどうかを見極める必要もあります。
もちろん求人情報で載せている場合もありますし、面接で質問をしておくと間違いありません。

歯科衛生士への学び直しを相談できる環境があります

多くの女性が取得する資格で有名なのが歯科衛生士で、男性も専門学校に通うことで取得ができますが、女性が多い現状があります。
働く環境では歯科医院がダントツで多い働き場所でもあり、求人情報もたくさんでているので、全国どこでも働き口に困りません。
しかしその反面、女性が結婚出産の流れになってしまうと、育児のために歯科衛生士で働くことを辞めてしまう人もいるのも現実です。
今ではこういったケースからまた復帰したい相談が増えていることから、技術を学び直して復職を勧めている自治体もあります。
このような働き方に多様性を持たせることはとても重要で、これからの男性でも女性でも区別することなく、技術の学び直しをやっていけると安心です。
この学び直しをやっていくと「また働いていけるのか不安」になっている人でも、精神的な負担を減らすことができ、新しい環境でもやっていけます。働いている意識が高くなると、経済的にも満足度が高くなるのも大きいです。

歯科衛生士の将来性が高いので人気のある職業です

歯のスペシャリストとして専門学校で学ぶことができるのが歯科衛生士で、資格試験を通ると歯科クリニックで働けます。
無資格という意味では歯科助手がありますが、やはり給与に差が出てくるので持っているとやりがいを感じます。この歯科衛生士の将来性は高く、今後も需要が伸びる職種では人気です。
特に現代社会における歯の治療を必要としている人は、食生活の問題や歯の健康から身体機能まで幅広く診ていくために、ないがしろにできない事情があります。
よく言われるのは生活習慣病でもある糖尿病に罹る人では、歯周病になっている率が多いというデータも出ている現状です。
このような背景から医療業界全体で考えなくてはいけないのは、歯の健康を維持することは食生活の変化に繋がっているといえます。
歯科衛生士の将来性はその意味でも人材として必要で、また専門学校などは国家試験に合格できる割合が高いので、多くの学生が日々知識や技術を学んでいます。

歯科衛生士が介護分野に進出する社会環境があります

少子高齢化が進んでいる日本では、より地域社会で考えなくてはいけない問題が増え続けているのが現状です。
特に重要なポイントであるのが地域医療の充実で、田舎の方では人材不足はもちろん医師不足によって、満足に医療を提供できない地域も多数あります。
歯科業界でも医師の他に歯科衛生士の需要が伸びている状態なのですが、新しいところで介護分野での活躍も見込まれています。
介護は地域社会では欠かすことができない問題で、経済の発達とともに衰退している地域は多くの高齢者を抱えている問題があります。
これを歯科衛生士の立場からサポートできるように役割があり、まだ施設は多くはありませんが、今後の介護社会を見据えて歯科医院との連携するところも増えてきます。
これは社会全体で考えなくてはいけないことですが、歯の健康をないがしろにしないためにも、通常の治療から指導はやっていくことです。
特に歯科衛生士はブラッシング指導などの直接影響する技術を伝えるのに最適な位置にいます。

歯科衛生士に関する情報サイト
歯科衛生士INFO

現代は就職することがどの世代でも難しい時代になってます。そこで専門職に従事し、働いていきたいと考える人も多くなってるんです。中でも歯科衛生士は非常に人気がある職業であり、国家資格なので仕事に就きやすいとされてます。当サイトではこの職業の基本情報を解説していきます。またこの職業が活躍でき居るフィールドなどについても説明していきます。この職業に就くことを考えている方に少しでもお役に立てることを願ってます。

Search