ケトジェニックダイエットと相性の良いバターコーヒーとは?

日本ではケトジェニックダイエットが流行っています。
ケトジェニックダイエットとは、糖質を制限しながらタンパク質と脂質を摂取する新しいダイエット方法です。
無理な食事制限を行うダイエットとは異なり健康的に痩せられるので、男女を問わず実践者が増えています。
炭水化物をエネルギー源にしている人が多いですが、糖質を控えてタンパク質と脂質を摂取してエネルギー源にすると体の仕組みが切り替わります。
人間の体には貯蔵システムがあり、糖が余ると中性脂肪になって体に蓄えられます。
糖質を摂取しない場合は、筋肉を構成しているアミノ酸や脂肪を材料に糖を創り出します。
さらに脂肪酸をエネルギー源に使うシステムにシフトし、体脂肪を分解してエネルギーを生みます。
糖質は制限するものの、タンパク質と脂肪は摂れるので悲壮感がなく楽にダイエットを続けられます。
ケトジェニックダイエットで重要なのが糖質制限ですが、糖質制限を始めたばかりの頃は空腹感を感じる人もいます。
ダイエット中の空腹感を抑えられる強力な味方がバターコーヒーです。
バターコーヒーはケトジェニックダイエットとの相性が抜群で、世界中で愛飲されています。
朝食をバターコーヒーにするだけで、体脂肪が燃焼しやすくなります。
バターやオイルを摂取すると満腹感が持続でき、血糖値の乱高下が起こらないため集中力が持続します。
バターコーヒーに入れるバターは、栄養が豊富な特別なバターです。
自然の中で放牧され牧草で育った牛のミルクで作られた無縁バターには、脂溶性ビタミンが豊富に含まれています。
ゴマ油やオリーブ油など、健康に良い植物油に含まれている不飽和脂肪酸も含まれます。
手に入らない場合は、一般的なスーパーで販売されている無塩バターでも作れます。
バターの他にコーヒーに入れるのがMCTオイルです。
MCTオイルは摂取するとエネルギーになりやすく、バターとの相性も抜群です。
置き換えダイエットに利用すれば糖質の摂取量が減り、無理なくダイエットを進められます。