ワキガは殺菌すればニオイが消える?おすすめワキガ対策方法とは?

ワキガによるニオイ、どうにかならないの?

  • 皮脂が過剰に分泌されたりシャンプーが不十分だったりすることで生じる頭皮のミドル脂臭
  • ストレスで胃が荒れたり腸内環境が乱れて便秘になったり口内環境が悪化したりすることで生じる口臭
  • 汗や皮脂や角質や汚れが混ざり合って菌が繁殖することで生じる足の臭い
  • ストレスや疲労がたまることが原因で発生するストレス臭や疲労臭
  • ノネナールという臭い成分と汗と皮脂が合わさって不快な臭いをもたらす加齢臭

など、体臭には色々なものがありますが、ワキガはその代表格です。

ワキガのニオイと周囲に対する影響は、一度気がついてしまうと非常に気になります。

また

  • 体育着を忘れても貸してくれない
  • 職場で誰も飲みに誘ってくれない
  • 自分でもたまにニオイを感じることもある

など、他人に距離を置かれているようで寂しい思いをしてしまいがちです。

ワキガは非常に厄介で悩ましいもの。

男性の場合だと、女性たちがなぜか逃げていくことで傷ついたり、やがてニオイに気がついて避けられる原因に悩むケースが多いです。

なんでこんな目に遭うのか、どうしたら良いのかと頭を抱えますが、念入りに洗って手入れをしても繰り返してしまうのがワキガの問題点だといえます。

しかし、メカニズムを理解したり対処法を学ぶことによって、誰でも対策を始めることができます。

ワキガってなぜ起こる?

ワキガは、アポクリン腺という汗腺が原因で、この数が多い人ほど発症のリスクが高まるといわれています。

ほぼ全身に分布するエクリン腺とは違い、アポクリン腺はわきや耳、胸とへそ周りや股に限定されるのが特徴です。

耳垢が乾いていない湿っている人は、アポクリン腺の数が多く、ワキガを発症していたり、将来的にワキガになる可能性が高い傾向です。

民族的な違いでワキガの数も異なる

汗腺の数は民族的違いや遺伝的要素が強く、アジア人よりも欧米人にワキガの特徴が現れやすいです。

欧米人の体臭が強いといわれているのは、民族的違いによるところが大きいです。

日本人は10~15%程度ですが、黒人はほぼ100%がワキガ体質なので、民族的違いはかなり大きいことが分かります。

その為、生まれながらにして持った性質だといえるので、遺伝的要素を親から強く受け継いでいる人は、日本人であってもワキガの発症リスクが高まるわけです。

ちなみに性別だと男性に多い傾向なので、女性よりもワキガの悩みを抱える男性の割合が大きいです。

ワキガには遺伝的要素と性別の差がある

これは一般的に女性よりも男性の方が毛量が多く、ムダ毛の処理をする人の割合の違いが理由です。

汗腺の発達具合は遺伝で決まりますから、親がワキガだと子供もワキガになりやすく、両親がそうなら発症の確率が上がります。

全身に分布する汗腺のエクリン腺は、ベタつきにくくサラサラとした汗を分泌します。

一方、アポクリン腺は脂質やたんぱく質を含むので、ベタベタとまとわりつくような汗が出ます。

しかも脂質やたんぱく質は細菌が好む栄養ですから、細菌によって分解される際にニオイが発生します。

汗腺は思春期以降に発達しはじめる

汗腺の発達は第二次性徴期、つまり思春期のあたりから始まって体臭が強くなっていきます。

理由として考えられているのは、ニオイで存在を伝えるフェロモンです。

ニオイは個性や魅力を増す要素でもありますから、フェロモンを含むニオイは異性を惹きつけるものとして広く知られます。

ところが、魅力的なはずのニオイも強く感じられてしまうと、快感から不快感へと変わってしまいます。

民族的違い遺伝的要素の差は仕方がありませんが、アポクリン腺の数が多すぎるともれなく体臭が強くなります。

このように、生まれ持ったものが発症を大きく左右しているので、今は大丈夫でも条件をより満たしている人は注意が必要です。

性別だと男性に多いですが、女性にも悩んでいる人はいますし、やはり男性と同じメカニズムで体臭や汗のニオイが強まります。

ただし、対策は可能で気になるニオイを抑えられますから、簡単に諦めてしまうのは早計です。

ワキガを確認する方法

ワキガを確認したい場合は、わきにティッシュを挟んでかいでみるのが簡単です。

ガーゼなどの生地でも良いですが、適当に折り畳んだものをわきで挟み込み、そのまま5分くらい待ちます。

そしてニオイをかいで刺激や癖が感じられるなら、ワキガの可能性が高いと判断できます。

もう1つの判断基準は、シャツの脇が黄ばみやすいかどうかです。

エクリン腺から出る汗は、99%が水分なので、シャツが汗を大量に吸収しても黄ばむことはまずないです。

逆に、アポクリン腺の汗には脂肪やたんぱく質、糖分や鉄分まで含まれているので、微量でもシャツに付着すると時間の経過で黄ばみます。

成分にはアンモニアまで含まれますから、むしろ黄ばまない方がおかしいといえるでしょう。

黄ばむ理由は成分の酸化が主で、空気に触れやすい表面が特に真っ先に変色し始めます。

体質的にワキガを確認するには、耳垢がしっとりしているかどうか確かめるのが先決です。

基本的に耳の中にエクリン腺はないので、汗が分泌されるとしたらアポクリン腺からということになります。

それから、耳のアポクリン腺が多い人は耳垢が湿りやすいので、ベタつく耳垢が出ている人はワキガに要注意です。

耳毛の多さもワキガに関係していますから、この点もチェック項目の1つになるでしょう。

他にも、肉や油ものが好きで良く好んで食べていたり、汗のニオイを指摘されたことがある人も気をつけたいところです。

複数の要素に当てはまるなら、ワキガ体質の可能性はとても高いと考えられます。

ワキガを自分で改善するには?

ワキガを自力で改善したいなら、制汗スプレーや殺菌シートを使うのが基本です。

汗を抑えたり細菌を殺菌することは、ニオイの原因に直接対処する対策となります。

ニオイは汗腺そのものではなく、汗腺から出る汗が問題になるので、制汗スプレーで汗を抑えるのは合理的です。

それと、殺菌シートによる対処は、ニオイに含まれる栄養を分解する細菌の数を抑制するのに役立ちます。

大切なのはこまめにケアをすることで、なるべく涼しい場所で過ごしたり、細菌が増えないように生活することも重要です。

ストレス対策をしよう

ストレス対策をすると、汗をかいてしまう交感神経の興奮が抑えられます。

汗は交感神経が優位な時に出やすいので、ワキガ体質の人にとって緊張や興奮状態は最も避けるべきです。

冷や汗のように嫌な汗は、ワキガに直結するアポクリン腺から分泌されます。

緊張しやすく汗っかきの人は、ワキガを悪化させかねないので気をつけましょう。

飲酒や喫煙はワキガのニオイを強める原因に

飲酒や喫煙をやめるのも、ニオイを抑えてワキガを改善するポイントです。

アルコールやニコチンを摂取すると、汗腺を刺激してしまうので、ワキガ体質の人にとって飲酒や喫煙は大敵です。

少量ならストレスの緩和に役立ちますが、習慣化して摂取量が増えると厄介です。

飲酒や喫煙の理由がストレスにあるなら、他の方法でストレスを発散してアルコールもニコチンも控えるのが賢明です。

運動習慣はストレス対策に有効ですし、適度に汗をかくことで嫌なニオイを洗い流せます。

腋毛処理でワキガのニオイを対策する

脇毛を処理しておくことも、ワキガ対策においては基本中の基本です。

脇毛があると汗で蒸れやすく、細菌にとって過ごしやすい環境になります。

自宅でセルフケアをするのも良いですが、肌を傷つけると細菌にとって好都合なので、あくまでも傷つけないように優しくケアするのが原則です。

何度もお手入れするのが手間だったり、上手く脇毛が処理できない場合は、プロに脱毛してもらうのも1つの手でしょう。

食事がもっとも基本のワキガ対策

食生活を見直すことは、身体の内側からワキガを改善することに他ならないです。

欧米人にワキガの人が多いのは、長らく肉中心の食生活をしてきたことが理由だと考えられています。

正確にはたんぱく質が多めの食事で、そこに更に揚げ物などの油ものが加わることで、体臭の強化が加速している形です。

日本人は肉食の歴史が短いことから、体臭が強まったのは欧米化が進んだ以降とされます。

つまり、食生活を見直して肉や油ものを減らしていけば、体臭は自然と弱まってワキガが改善されていくことを意味します。

ワキガを治療するパターン

ワキガの治療パターンには

  1. ワキガ専用の塗り薬を処方してもらうこと
  2. 手術してワキガを治す

2つがあります。

塗り薬を塗る場合

塗り薬の処方は、皮膚科などの診療科に相談した場合に行われやすいパターンです。

汗を抑え細菌の増殖を防ぐ塗り薬は、汗をかく前に塗ることで効果を発揮します。

根本的な治療ではないので対処療法に留まりますが、切らずに治療できる方法として優先順位の高い選択肢になっています。

とりあえず塗り薬で様子を見て、それでも気になるようなら手術を検討するというパターンが多いです。

手術でワキガを根治させる場合

塗り薬で改善しないワキガは、手術で根治を目指す必要性が高まります。

手術は患部を切ることになるので、日常生活に影響したり今後に響きます。

近年は、レーザーで汗腺を焼く治療法も普及していますから、メスで切るイメージは変わってきています。

身体の負担が少なく、直ぐに日常生活に戻れるのが強みですが、1回あたりの改善幅は小さいので、繰り返し治療を受ける必要があります。

ワキガを強力に殺菌するアイテムとは?

ワキガは、脇の下に密集している汗腺のアポクリン腺から分泌される汗が臭うことで生じるものです。

環境や生活習慣などが原因になることもありますが、ほとんどの場合は遺伝的要因が強めなので対策の難易度は高めです。

生まれ持った体質なのであきらめているという方も多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ試して欲しいのが、殺菌作用や抗菌作用に優れていてワキガのニオイの原因にしっかりとアプローチすることが出来るデオドラントアイテムです。

一般的な制汗剤だと頑固でしつこいワキガの臭いを撃退することが出来ませんが、専用のデオドラントアイテムなら汗とニオイの両方を確実に抑えてくれます。

おすすめのアイテムとしては、デオシーククリアネオプルーストクリームノアンデがあります。

どれも豊富な販売実績を誇る人気商品です。

デオシーク

デオシークはデオドラント効果だけではなくスキンケア効果にもこだわったアイテムなので、女性からの支持率が高いです。

柿タンニンなどの殺菌成分にプラスして、美容効果が期待できる保湿成分もたっぷりと配合されています。

汗対策と美肌ケアを両立させることが出来ます。

ワキだけではなく、デリケートゾーンや足など全身に使えます。

👉参考URL
https://studiovignette.com/

クリアネオ

クリアネオは老若男女問わず多くの人に親しまれている無添加タイプのデオドラントクリームで、殺菌作用や抗菌作用だけではなく品質面における安全性や肌への優しさにもこだわりたいという方におすすめです。

モンドセレクション連続受賞を経験している実力派で、シリーズ累計販売数は150万本を突破しています。

プルーストクリーム

プルーストクリームは殺菌力と即効性と持続性に優れたアイテムで、肌に馴染ませた瞬間に無臭を実感することが出来ます。

お客様アンケートにおける実感度は93.8%で、喜びの声や満足度の高さがわかる口コミが多数あります。

医師が監修する本格派デオドラントクリームなので説得力がありますし、実験によって殺菌力と持続力の高さがきちんと証明されていますので、安心して購入することが出来ます。

ノアンデ

ノアンデは、菌の増殖を抑えるシメン-5-オールと発汗のバランスを整えるフェノールスルホン酸亜鉛が有効成分として配合されたデオドラントアイテムで、ダブルの作用でニオイの元にアタックします。

天然由来の消臭成分がナノ化された状態で配合されているので、浸透力が高く実感力が違います。

トリプルヒアルロン酸などの美肌成分も含有されており、汗をケアしながら潤いとハリに満ちた美肌に導いてくれます。

汗に負けないキープ力も魅力的で、24時間しっかりと効果を発揮します。

確かな殺菌作用や抗菌作用を持つ機能的で優秀で信頼できるワキガ対策アイテムはたくさんありますので、それぞれをじっくりと比較して自分の肌質や肌環境やライフスタイルに合わせてベストなものを選びましょう。

デオドラントクリームの効果を最大限に高めるには?

アイテムの効果効能を最大限に引き出すためには、清潔な肌に使用するというのが重要なポイントとなります。

汗や皮脂や雑菌やスキンケア用品の油分などが付着している状態だと、アイテムに含まれる有効成分の浸透が妨げられて効果を実感しにくくなります。

お風呂に入った後の清潔な肌に馴染ませるのがベストです。

入浴をせずに使用する場合は、肌を清潔に整える作用がある薬用ローションをコットンに含ませて、ワキを丁寧にふき取ってから使いましょう。

汗をそのままにしておくと菌が繁殖して臭いがきつくなりますので、シートタイプの制汗剤などを用いてこまめにオフするということも忘れてはいけません。

アポクリン腺から分泌される汗は、精神性発汗に分類されます。

汗には、体温を調節するために分泌される温熱性発汗と辛い物を食べた際の刺激によって起こる味覚性発汗と精神的な作用による精神性発汗がありますが、ワキガの汗は精神性発汗によるものです。

緊張したり不安を感じたりストレスが生じたりなどの精神面の作用に伴う精神性発汗は、臭いがきつくてベタベタするという厄介な性質を持っています。

白いトップスを着用していると、脇の部分だけ汗で変色して黄ばんでしまうこともあります。

ですので、アイテムで物理的なケアをするだけではなく、精神面のケアも必要不可欠です。

栄養バランスの良い食事にシフトしたり睡眠時間をたっぷりと確保したり適度な運動をしたりして、自律神経のバランスが乱れない良好な精神状態を維持しましょう。

メンタルケアと物理的なケアをすることで、相乗効果が期待できます。